お部屋に観葉植物を置いて癒しの空間を演出

賃貸マンションや賃貸アパートにありがちな、白い無機質な壁に囲まれたお部屋でも、緑の植物が一つあるだけでとても癒されます。また、インテリアとしても、素敵なお部屋のアクセントになります。観葉植物を中心に、家具や小物、カーテンなどを合わせると、ナチュラルな雰囲気のお部屋になりますし、統一感も出すことができます。一概に観葉植物と言っても、育て方の簡単なものもあれば、難しいものもあり、種類はさまざまです。そんな中でもインテリアとして人気があるのは、あまり手がかからない、枯れにくいもの。例えば、幸福の木として知られるガジュマル、水やりなどの手間があまりかからず、育てやすいカポック、南国の雰囲気いっぱいなのに、日当たりを気にしなくても良いテーブルヤシなどが人気です。お部屋に緑を置いて、癒しの空間を演出するとストレス解消にも効果的ですね。

癒されるお部屋のアクセントに観葉植物を

無機質でモダンなお部屋もクールで素敵ですが、ほっと一息つけるような、癒されるお部屋も魅力的ですね。リラクシング効果もあるナチュラルシックなお部屋のインテリアというと、アイボリーやベージュなどの壁紙に、ウッディーなフローリングや家具、カントリー調のカーテンやクッションがぴったりです。そして、プラスアルファでさらに素敵になるのが観葉植物。玄関の小さな緑でお客さまをおもてなしするのも良いでしょうし、トイレや洗面所、バスルームに南国風の植物を置けば、爽やかなリゾートの雰囲気をつくり出すこともできます。ダイニングやキッチンには、小さなブリキ缶にハーブを植えるのもアイデアですし、リビングには、ちょっと大きめの存在感ある鉢にグリーンを植えて、お部屋のアクセントにしましょう。そしてベッドルームには、是非、香りのある観葉植物を置くことをおすすめします。リラクゼーション効果もあり、心地よい眠りが得られること間違いなしです。

風水と観葉植物の意外な関係

お部屋のインテリアとして人気の観葉植物。お部屋をおしゃれに彩るだけでなく、リラクゼーション効果も抜群です。そんな観葉植物ですが、実は置く場所や植物の種類によって、運気を大きく左右する風水ととても関係があることをご存知でしょうか。例えば、植物の持つ葉っぱの形。細長く尖った葉よりも、丸い葉のほうが落ち着いてリラックスができる効果があります。ですから、ベッドルームにテーブルヤシを置くのはあまりおすすめできません。また、葉の生え方や向きによっても効果が異なります。上向きの葉は、活発な陽の要素を持ち、下向きの葉は、落ち着いた陰の要素を持ちます。ですから、子ども部屋や家族が集うリビングには上向きの葉の植物、ベッドルームには下向きの葉の植物が向いていると言えます。どこに置くか、どんな植物を置くかによって運気が変わる観葉植物。効果的に活用したいインテリアです。